死んだら神様になる?-失神・神経の語源-

第2話  “チィダラカヌシャマヨ”と合いの手がはいる安里屋ユンタいう沖縄民謡がある。本島人には、“死んだら神様よ”と聞こえるのも、そこになにか納得感があるからだろう。 もしあの世で、天満宮の菅原道真公と中国の古代医家が会話をしたとしよう。“私も神になりました”と菅原公。“違います。もう神はないのです”と医家。“いや功績が認められたから神にしてくれたんです”とこんな具合に、永遠にかみ合わないであろう。このように元来日本人のもっている神(カミ)と東洋医学の神(しん)とは、異なる考え方なのである。  現在神には、三つの用法があり混乱しているようだ。すなわち①和語のカミ。本居宣長は“(カミとは)優れて常ならざるもの”と述べている。古来、野球の神様のように、素晴らしいものをカミとしてきた。したがって、どこにでもカミはいるし、万物がカミになる可能性がある。八百万のカミである。②キリスト教GODの訳としての神。そして③中国思想由来の東洋医学の神である。  神字の示は祭壇、申は天空に伸びる稲妻を現す。神字は本来、稲妻のように超自然的な人知でははかり知れない力の意味であった。だが人を生かしている力こそ、最も神秘的であり不思議ではないか。後世、生命活動を行わせる大本、そして生命そのものを、東洋医学では神と呼ぶようになった。神があるから人は生き、神が無くなるから生命が終わると考えたのだ。失神とは生命が失われた事で、本来は意識障害を表す東洋医学の用語である。また神主とは中国語では位牌の事で、祖先の命が宿る場所からの命名であり、しんしゅと発音する。 神経もキリスト教関連からの訳語ではない。

個人無視こそヤブ-ヤブ医者の語源-

第1話  いきなり名医の漢方教室風 に始めるのも気が引けるので、ヤブ医者の話を。  この語源には諸説ある。一つは「野巫(やふ)」。野は民間、巫はみこの事で、理論ではなく祈祷で病気を治す医者という意味である。腕がないくせに「兵庫県養父(やぶ)市の名医から習った」と吹聴する医者という説もある。  ヤブには「以て非なるもの」「~のようなもの」との意味がある。例えば、ヤブジラミという草は、シラミのような実をつけるところから命名された。つまり医者とは言えない「医者もどき」、というわけだ。  古典落語に 「葛根湯(かっこんとう)医者」がある。「腹が痛い」という患者に「それは腹痛という病である。葛根湯を出そう」。「頭が痛いのです」という患者には「それは頭痛だ。葛根湯を出そう」。付き添いの人にまで「さてそちらの方は。付き添い? では葛根湯を飲みなさい」という具合。どんな病気でも葛根湯を出してしまうヤブ医者の話である。  ただしこの医者、あながちヤブとも言えない。葛根湯は漢方薬の一種で、非常に応用範囲が広い。中身は、桂枝湯(けいしとう) と麻黄湯(まおうとう) を合わせたものに近く、この二つの薬が効く症状をおおむねカバーできるのだ。「とりあえずビール!」ではないが、風邪 の引き始めには「とりあえず葛根湯」でよい根拠も、それなりにある。  とはいえ、東洋医学では、個人の症状に合わせて漢方薬を使い分けることが重要視される。同じ悪寒のある風邪でも、元気な人には麻黄湯、悪寒が弱くじっとりと汗が出る人には桂枝湯。葛根湯は、肩や首のこりを伴う場合にいい。朝起きたら首が回らない、寝違えたような状

最新記事
アーカイブ

〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-2-2 オリエントプラザ丹野2階  TEL0422-21-7211

吉祥寺東方医院は東京都武蔵野市の漢方専門医院です。東洋医学〔内科・皮膚科・アレルギー科・神経内科〕・鍼灸・整体・AKA・リンパマッサージ・アロマセラピー
© 2017 by kichijyouji-tohoiin. All Right Reserved