個人無視こそヤブ-ヤブ医者の語源-

第1話

 いきなり名医の漢方教室風 に始めるのも気が引けるので、ヤブ医者の話を。
 この語源には諸説ある。一つは「野巫(やふ)」。野は民間、巫はみこの事で、理論ではなく祈祷で病気を治す医者という意味である。腕がないくせに「兵庫県養父(やぶ)市の名医から習った」と吹聴する医者という説もある。
 ヤブには「以て非なるもの」「~のようなもの」との意味がある。例えば、ヤブジラミという草は、シラミのような実をつけるところから命名された。つまり医者とは言えない「医者もどき」、というわけだ。
 古典落語に 「葛根湯(かっこんとう)医者」がある。「腹が痛い」という患者に「それは腹痛という病である。葛根湯を出そう」。「頭が痛いのです」という患者には「それは頭痛だ。葛根湯を出そう」。付き添いの人にまで「さてそちらの方は。付き添い? では葛根湯を飲みなさい」という具合。どんな病気でも葛根湯を出してしまうヤブ医者の話である。
 ただしこの医者、あながちヤブとも言えない。葛根湯は漢方薬の一種で、非常に応用範囲が広い。中身は、桂枝湯(けいしとう) と麻黄湯(まおうとう) を合わせたものに近く、この二つの薬が効く症状をおおむねカバーできるのだ。「とりあえずビール!」ではないが、風邪 の引き始めには「とりあえず葛根湯」でよい根拠も、それなりにある。
 とはいえ、東洋医学では、個人の症状に合わせて漢方薬を使い分けることが重要視される。同じ悪寒のある風邪でも、元気な人には麻黄湯、悪寒が弱くじっとりと汗が出る人には桂枝湯。葛根湯は、肩や首のこりを伴う場合にいい。朝起きたら首が回らない、寝違えたような状態は、風邪の引き始めのことも多く、この場合には葛根湯が効果を発揮する。「ゾクッと肩こり、葛根湯」というわけだ。
 このように、東洋医学は、きちんとした理論や考え方に基づき、個々人の状態を把握し治療していく医学である。そうなると、症状の個性を考慮せず「風邪」と診断されれば同じ薬を機械的に処方する医者こそ、ヤブ医者と言うこともできる。
 ヤブといえば、「神田やぶそば」が残念な事に火事で焼けてしまった。こちらの由来は、竹やぶが近くにあったからと伝えられるが、「ウチのは蕎麦でも蕎麦もどきだよ 」という江戸っ子らしい洒落気から来ているのでは、と想像したりしている。

 

〜平成25年4月11日毎日新聞掲載-「オットー博士のなるほど東洋医学」を修正加筆したものである〜
 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-2-2 オリエントプラザ丹野2階  TEL0422-21-7211

吉祥寺東方医院は東京都武蔵野市の漢方専門医院です。東洋医学〔内科・皮膚科・アレルギー科・神経内科〕・鍼灸・整体・AKA・リンパマッサージ・アロマセラピー
© 2017 by kichijyouji-tohoiin. All Right Reserved