August 12, 2017

 「夏月もっとも保養すべし」。貝原益軒は『養生訓』の中で、こう注意をうながしている。夏には、暑さ、湿気、胃腸の病気が特に多いからだ。

 夏の語源は「アツ」だという。夏の病気の代表といえば熱中症。これは西洋医学の病名で、東洋医学では中暑と呼ぶ。暑さに中(あた)る病気、というわけだ。治療には白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)がよく使われる。白虎とは秋をもたらす神の名。この薬には、石こうが使われる。石こうはギプスなどでおなじみの鉱物だが、薬としては熱を冷ます働きがある。つまり白虎加人参湯は、暑さでほてった体を秋のようにさわやかにしてくれ...

August 12, 2017

第四回・平成25年7月4日・毎日新聞コラムに掲載されたものである

 早いもので、一年も半分が過ぎた。

時の流れを視覚で感じさせてくれる植物にドクダミ科の半化粧(ハンゲショウ)がある。

まさに今ごろ(7月上旬)、上部の三枚の葉が白粉をぬったように半分程度白くなる様子からの名称であり、三白草(ミツジログサ)、オシロイカケ、片白草(カタシロクサ)などとも呼ばれる。白くなるのは、虫を呼び込むためという。

ところで、7月2日~6日は、七十二候「半夏生(はんげしょう)」。

この名称の由来となった半夏は、カラスビシャクという草で、立夏と立秋の真ん中、つまり...

Please reload

Please reload

最新記事
アーカイブ
Please reload

〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-2-2 オリエントプラザ丹野2階  TEL0422-21-7211

吉祥寺東方医院は東京都武蔵野市の漢方専門医院です。東洋医学〔内科・皮膚科・アレルギー科・神経内科〕・鍼灸・整体・AKA・リンパマッサージ・アロマセラピー
© 2017 by kichijyouji-tohoiin. All Right Reserved